マリオネットラインを整形手術なしで解消しましょう。消す方法とその根拠とは?

 

マリオネットラインを解消する!整形ナシで消す方法とは【老け見え】

 

肌全体が弾力を失って柔らかくなり始める30代後半。

 

「年齢のせいだから仕方ない」

 

「外科手術じゃないとどうにもならない」

 

と考える人も多いマリオネットラインですが、

 

マリオネットライン専用の化粧品で消すことができるんです。

 

 

ここでは整形手術をしないで、マリオネットライン(顔のライン)問題を解消する方法をお伝えします。

 

 

 

http://islemid.jp/diafullrun/

 

 

 

 

 

マリオネットラインはこれで消える!

 

30代〜40代の内にマリオネットラインやほうれい線などの問題を解決したいですよね。

 

それには、すぐに綺麗になりますが、根本的な解決はしてくれない外科的な方法を取るよりも、化粧品で治療して根本的に解決するのがおすすめです。

 

痛みを抑える薬を使い「一時的に楽になる方法」を選ぶのではなく、「そもそも痛みを発生しないようにする方法」を選択する感じですね。

 

 

それでは自宅でマリオネットラインを改善するために、何をすれば良いのかを見ていきたいと思います。

 

 

微弱炎症によるコラーゲン繊維断絶を止める

 

30代で深いシワやラインが気になる肌は、健康な状態ではありません。

 

様々な環境要因により、外側は健康に見えても、肌内部では一触即発の微弱炎症状態が続いています。

 

 

この微弱炎症は肌弾力の元であるコラーゲン繊維を断絶する原因となります。

 

肌が痩せてゆるむ原因はほぼこのコラーゲンの断絶・減少のせいと言っても過言ではありません。

 

 

肌に厚みや弾力がなくなると、その下にある筋肉の境目に皮膚のシワが入り込んで目立ち始めます。

 

それがほうれい線やマリオネットラインなのです。

 

 

コラーゲン繊維を維持するためにも、できるだけ生活リズムに注意し、UVケアは絶対に怠らないこと、添加物を含んだ化粧品は避けることが必要です。

 

 

基底層から生まれる天然保湿因子を正常化する

 

肌の表面は肌内部から生まれる天然の保湿因子、セラミドとNMFで守られています。

 

 

微弱炎症の続く肌では、このセラミドやNMFが正常に合成されなくなることが最近の研究によって明らかになっています。

 

 

炎症自体を鎮める対策はもちろんのこと、天然保湿因子が生まれない肌にセラミドや肌バリアと同じ構造の保湿成分を与える対策も必要です。

 

 

今起こっている極度な乾燥を改善

 

頬や額など、30代前半まではなかった場所に小さなチリメンジワが気になりだした人は要注意です。

 

 

30代前半まではいつものスキンケアにオイルさえ足しておけばそのうち目立たなくなったような小ジワも、40代に近づくにつれ、根本的な乾燥改善をしなければ慢性化して深く目立つシワに発展するのです。

 

 

微弱炎症を抑える根本対策も必要ですが、現在進行形の乾燥を食い止めることはさらに火急を要する問題です。

 

根本対策が功を奏するまでに、深くまで届く芯からの保湿ケアを心がけましょう。

 

 

30代からマリオネットラインが目立ってくるのはなぜ?

 

女性の肌がゆるみ始める最も根源的な原因は女性ホルモンの減少です。

 

女性ホルモンの減少は25歳を超えたあたりから急激に起こり始めるので、本当は30代に入る頃には変化が出てきています。

 

 

その変化は肌表面ではなく、肌の内部で起こり始め、30代後半になって表面化し始めます。

 

ですから、気付いた時にすぐ対処しなければ手遅れになってしまうのです。

 

 

女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという二つのホルモンがあり、肌の魅力を支えるのは黄体ホルモン、エストロゲンと呼ばれるホルモンです。

 

黄体ホルモンと卵胞ホルモンは一方が優位になると一方は劣勢となって働きを鎮静化させます。

 

 

1月の内、排卵期前後に優位になる黄体ホルモンの調子を上げるには、月経の周期をしっかり整える必要があり、30代後半に入って月経が乱れたり量が減ったりする人は、肌の老化も連動しているため、表面化していなくても複合的な抗酸化・抗炎症・抗乾燥スキンケアが必要だと言えます。

 

 

もちろん月経周期を整えるため、ジャンクフードや睡眠不足などには気を付ける必要があります。

 

化粧品も生活習慣も、ジャンクなものでは外側に現れてきてしまうのが30代後半からだと言えるでしょう。

 

 

老け見えゆるみ肌を劇的に改善するクリームの実力

 

マリオネットラインの改善には1にも2にもまず保湿です。

 

保湿に最も良い化粧品は、天然の肌バリアと同じオイルと水分が入荷した状態の「乳液」「クリーム」が理想的です。

 

 

そのオイルが肌の保湿を担う脂質であるセラミドでであればなお肌なじみが良く、溶けるように浸透して働いてくれます。

 

 

ですから、マリオネットライン改善に必要な化粧品の最低基準は「セラミド配合のクリームか乳液」ということになります。

 

 

数少ないマリオネットライン専用クリーム「ディアフルラン」は、この最低基準を満たしているのはもちろんのこと、

 

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸の生成を促進するオニイチゴ根エキス
  • 100%植物由来の抗酸化エキス
  • 繊維葉細胞増殖作用(コラーゲン増殖)を持つゲットウ葉エキス
  • 高い抗炎症効果を持つアロエベラエキス

 

など乾燥・小ジワに特化した10種類の成分を高濃度で配合。

 

 

もちろん肌に優しい無添加処方、抗シワ製品評価ガイドラインなど数多くのテストにクリアしています。

 

 

安心して整形級の効果を実感できるディアフルランであの頃の若さを取り戻しませんか?

 

 

http://islemid.jp/diafullrun/